ドイツの保険ならJcomへ!

駐在員様向けプライベート健康保険

ドイツ 駐在員向けプライベート健康保険

プライベート健康保険(Privat Krankenversicherung, PKV)は、公的健康保険(Gesetzliche Krankenversicherung, GKV)でカバーされる検査項目、処方薬の種類、治療内容よりも幅広いサービスが受けられます。入院の際には一人部屋もしくは二人部屋が用意され、入院中はチーフドクタークラスによる診療が受けられます。ドイツの診療所は基本的に予約制となっており、予約が数週間先まで取れないこともよくあります。しかし、プライベート健康保険に加入していれば、公的健康保険加入者よりもはるかに早い予約が取れます。

プライベート健康保険のメリットとは?

プライベート健康保険のメリットは、公的健康保険より充実した医療サービスを受けることができる点です。日本人駐在員の場合、通常は赴任期間が決まっているため、プライベート健康保険への加入は大きなメリットがあります。

例)

  • 保険の適用範囲、補償額が充実している
  • 異なる補償内容のプランを選択できる
  • 専門医へ予約が取りやすい

健康保険加入義務規定について

ドイツで駐在員として就業される場合には、以下の規定を満たした保険に加入する義務がございます。

doitsu


お見積り・お問合せ

Jcomでご加入いただくメリット

  • 豊富な知識と商品ラインナップにより、お客様に一番適切な商品をご提案させて頂きます。
  • お申込後すぐに、就労ビザ申請時に必要な健康保険加入証明書の発行が可能です。
  • お申込から解約手続きはもちろん、保険金請求時に生じた問題等も全て日本語でフルサポートいたします。