ドイツでの自動車事故時の対応について | Jcom

自動車事故時の対応について

まずは Jcom までご連絡ください

事故(対人、対物、自損に関係なく)後は速やかにJcomまでご連絡願います。
Jcom 営業時間:平日9:00~17:00
ドイツ国内から: 06172 850194-0
ドイツ国外から: +49 (0) 6172 850194-0
メール:info@jcom-ins.de ※お問合せの際は、保険証券番号(Versicherungs Nr/ Insurance Policy No.)を必ずお伝え下さい。
※夜間、休⽇に事故があった場合は留守番電話にメッセージを⼊れて下さい。
対人、対物事故(賠償責任保険)

加害者(自分に100%の過失)になった場合

加害者(自分に100%過失)になった場合、相手(被害者)に自分(加害者)の保険会社へ直接連絡するよう伝えて下さい。

被害者(相手に100%過失)になった場合

加害者(自分に100%の過失)になった場合、相手(加害者)の保険会社へ直接連絡してください。
また、絶対に謝罪をしないでください。謝罪をしてしまうと、責任の所在が逆転してしまう可能性があります。


!万が一の事態に備え、交通弁護士費用保険への加入をお勧め致します!


ドイツにおいても日本と同様、交通事故の示談交渉を弁護士資格を有する者以外が行うことは法律*で禁じられているため、責任の如何に関わらず保険会社や代理店が代わりに相手側と交渉することはできません。
(* Rechtsdienstleistungsgesetz – RDG (弁護士報酬法) §2,§3より)

事故相手が他国の車であった場合(地続きのヨーロッパでは珍しくありません)や、もらい事故発生時、弊社が直接事故処理をすることはできません。 そんな時弁護士に相談、又は示談交渉の依頼をすることで、スムーズな事故解決が見込めます。

公共施設(路肩、ガードレール、交通標識、街路樹など)、第三者の所有物(ガレージ、門、壁など)、駐車中の車を破損した場合

速やかに警察に連絡してください。その場を立ち去ると当て逃げ行為とみなされ犯罪扱いになります。

※自分が被害者になり相手(加害者)のナンバープレートしかわからない場合は下記へ連絡して下さい。加害者の保険会社が特定できます。

Grünekarte eV / (030) 20 20 5757
  1. 氏名(Name)
  2. 住所(Anschrift)
  3. 電話番号(Telefonnummer)
  4. ナンバープレート(Kennzeichen)
  5. 保険会社名/保険証券番号(Versicherer/Versicherungsnummer)

※保険サービスカード (Schaden-Service-Card) を社内に保管して下さい。必要な情報が全て記載されているので、事故時に相手に渡すとやり取りがスムーズです。

自損事故(車両保険)

車両保険に加入している場合、状況に応じて修理費用が補償されます。

弊社が選ばれる5つの理由

すべて日本語で対応

ドイツで自動車を運転をする際は 自動車保険の加入が義務 付けられています。Jcomでは 経験豊富なスタッフがすべて 日本語で対応︕

無事故等級の引継ぎ

日本または外国で4年以上、無事故歴の場合 、保険会社発 行の英文又は独文無事故証明書 を提出し、引継ぎが可能。

特別割引サービス

長年の経験から、 弊社経由で ご契約された場合は特別な割 引 があります。運転免許保有 歴5年以上かつ日本の運転免 許翻訳証明書がある場合も同 様です。

交通弁護士費用保険

ドイツでは、事故発生時に相手 方との交渉およびトラブル解決 を弁護士に一任することがあり ます。 詳しくは弁護士費用保険 ページをご参照。

全ヨーロッパ対応

出張や旅行の際も安心して運 転して頂けるよう、弊社では 全ヨーロッパ対応の保険やロ ードサービスをご案内してお ります。