06172 850194-0

ドイツの保険ならJcomへ、リスク・コンサルティング130社以上の実績

保険事故が発生した場合 – ドイツにおける家財保険

事故の対応

弊社では事故受付から保険金のお支払いまでお客様を手厚くサポートします。

■事故発生 ※Jcomへ連絡ください

■事故受付

■保険会社にて審査

■結果報告及び保険金お支払い

Jcom 営業時間:平日9:00~17:00

ドイツ国内から: 06172 850194-0
ドイツ国外から: +49 (0) 6172 850194-0
メール:info@jcom-ins.de
※お問合せの際は、保険証券番号(Versicherungs Nr/ Insurance Policy No.)を必ずお伝え下さい。

 

保険金請求及び審査には、品物の購入レシート、高価品の領収書や保険証、被害状況の分かる写真や警察署発行の被害届が必要となります。

盗難事故の場合

盗まれた物品をご確認の上、盗難品リスト(品名、購入時とその時の価格など)を作成し、警察にご提出ください。被害届がなされていない損害については、保険の対象となりませんので、ご注意ください。

被害にあった品物の購入レシート、高価品の領収書や保険証は必ず保管しておき、保険金請求の際にご提出くださいますようお願い致します。

既に現存しない場合は、代用として貴重品などのスナップ写真を撮っておかれることをお勧め致します。

盗難事故発生後、約1ヶ月後(地域よっては長引く場合もあります)犯人が見つからなかった場合、警察から捜査打ち切り証明書(Einstellungsbescheid)がご自宅宛てに送付されてきます。

お受け取りになり次第、弊社までコピーをお送りください。(最終的な保険金お支払いの条件となりますので、大切です。)

事故の補償例

実際に皆様からよく寄せられる質問にQ&A形式でお答えしております。

※こちらはあくまでも一例であり、保険金支払いを保証するものではございません。実際のケースでは保険会社の審査結果によって補償対象になる場合もございますことを予めご留意下さい。

Q.自宅が強盗被害に遭った場合、家財総合保険で補償されますか?

A.はい、窓ガラスを割られて侵入された等、侵入痕跡のある押し入り強盗被害は補償の対象になります。
また、空き巣など痕跡のない強盗被害の場合にも弊社にてご加入頂けば特別に補償の対象となります。

Q.調理中、誤って火事を起こしてしまいました。家財保険で補償されますか?

A.はい、ご自宅に収納されている全ての家財道具が補償の対象となります。

Q.保険料を抑えたいので、自宅の平米数を半分として申請できますか?

A.虚偽の申請が発覚しますと、本来払われるべき保険金が減額または最悪の場合保険金の支払いが拒否される場合がございます。従いまして、賃貸契約書で確認の上正確な平米数をご申告下さい。また、ご契約後お引越しをされた場合には必ず新住所と併せて新居の平米数をお知らせ下さい。

Q.洗濯機のホースに亀裂が入っていることを知らず使用したため、ショートして壊れてしまいました。家財保険で補償されますか?

A.はい、水道管・スチーム配管からの水漏れはもちろん、今回のようなケースの場合も補償対象となります。

Q.ボールが飛び込んできて自宅の窓ガラスが割れた場合、ガラス保険で補償されますか?

A.はい、室内外の窓・ドアガラス・キャビネットやガラステーブルが割れた場合には、理由のいかんを問わず補償対象となります。※光学ガラス・ガラス製品・手鏡・空洞ガラス・照明器具等は補償対象外です。

無料見積りお問合せ

弊社ではどのような時に保険が適用されるのか?というご質問から、実際に何か発生した際の保険金の請求までトータル的に日本語でサポート致します。

まずはお問合せください。

※ご帰国に伴う解約は、帰国日ベースにて手続きさせていただきます。また、解約及び契約に関する変更等は、全て弊社までE メールにてご連絡願います。