06172 850194-0

ドイツの保険ならJcomへ、リスク・コンサルティング130社以上の実績

知って安心!ドイツでカーライフを始めるまで

car-1149997_1920

ドイツでカーライフを始めるにあたり、どのようなお手続きが必要かご存知ですか。
自動車購入から運転を始めるまでの流れについてご紹介します。

ステップ1.車種の決定·購入をする

正規ディーラーや中古車販売業者、インターネットや個人売買等購入方法や値段は様々。自分にぴったりのお車をお選び下さい。

 ポイント

購入後は速やかにドイツの自動車登録証(Zulassungsbescheinigung)を入手しましょう。
この登録証は前保有者が保持していたもので Ⅰ·Ⅱの2種類があり自動車に関する詳細な情報が載っています。

自動車登録書(Zulassungsbescheinigung TeilⅠ·Ⅱ)とは?
TeilⅠ…別名Fahrzeugschein。車種や排気ガスのクラスなどその自動車に関する詳細な情報に加え、保有者の情報(住所、ナンバープレートなど)が記載されている。
自動車を運転する際は携帯する必要がある。
TeilⅡ…別名Fahrzeugbrief。こちらも自動車に関する情報が記載されているが、TeilⅠとの違いは全保有者の情報が記されている点。運転の際は携帯する必要はない

ステップ2.自動車保険会社の選定、見積もり・補償内容を決定をする

購入した自動車を走らせる為には陸運局(Kfz-Zulassungsstelle)にて登記を行う必要があります。登記の前段階として自動車保険の加入が義務付けられています。

ドイツには様々な保険会社、またお申込み方法もブローカーや代理店インターネットなど 幾つかの方法があります。保険会社の選定後、見積りをとります。見積りを依頼する際は自動車登録証またはHSN・TSNが必ず必要となります。

Jcomではお見積もりからご契約、事故時の対応まで経験豊富な日本人スタッフが丁寧に対応させて頂きます。保険をお申し込み際は是非ご利用ください。弊社での細かな締結の流れはこちらをご覧下さい。

HSNとTSNとは?
車両を特定する為のコード。自動車登録証に記載されている。
HSN(Herstellerschlüsselnummer)は自動車会社をTSN(Typschlüsselnummer)は車種や初年度登記日等の情報を知ることができる。

ステップ3.eVB(電子保険加入証明書)を取得する

保険会社の見積り内容を確認、補償内容を決定後保険会社はeVBを発行します。

eVB(電子保険加入証明書)とは?
保険会社が発行する仮の保険加入証明書。自動車を登記する際、役所へ提出する必要がある。

ステップ4.自動車の登記、ナンバープレートの発行

お住まい近くの陸運局(Kfz-Zulassungsstelle)にて登記手続きを行います。登記手続き後、被保険者様が所有者として記されている登記書(ZulassungsbescheinigungⅠ・Ⅱ)とナンバープレートが発行されます。こちらの手続きは通常ディーラー又は登録代行業者が行います。

ステップ5.運転開始

登記とナンバープレートの取得が終われば、プレートを車に取り付け路上走行が可能になります。交通規則が日本と異なることもあります。運転される際はくれぐれもお気をつけください。

 ポイント

自動車保険は登記時(ナンバープレート所得後)から有効です。

 

ステップ6.保険会社へ登記書提出と証券の受領(自動車保険の本契約)

登記(納車)後、車の運転は可能になりますが忘れてはいけない重要な手続きが残っています。取得した登記書のコピーまたはデータを保険会社に提出する必要があります。それにより保険会社は正式な保険証券の発行、保険料金の請求書を作成します。

様々なお手続きお疲れ様でした。ドイツでのカーライフをお楽しみください。

※お住まいの場所や保険会社により状況が異なることがございます。こちらはおおよその流れと捉えて頂き、お手続きの際は必ずご加入される保険会社や直轄の役所に尋ねられることをお勧めいたします。